TCUロゴ

文字サイズ

ご挨拶Greeting

「等々力後援会」の設立に際して

    本校は平成22年(2010年)に70有余年に及ぶ女子高の伝統の上に共学部を設置して、新しい歴史を刻み始めました。創立者・五島慶太先生の社会貢献の思想を「noblesse obligeの精神」と読み替えて建学の理念とし、日本の将来を担う人材育成のために、確かな学力向上と心身の錬成にこれまで努めてまいりました。それから10年、現在ではその成果が多くの教育活動に表れ始め、社会的にも高い評価を獲得するに至っております。
    そして、今年は2020年、共学誕生から11年目であり、次の10年に向けた最初の年ということになります。
    この記念すべき年に本校は、種々の教育活動の拡充と併せて、組織的にも学校支援体制の一層の充実を目的に、新しい組織を設置し活動してゆくことになりました。それが卒業生の保護者を会員とする「等々力後援会」であります。また、「等々力後援会」発足を機に、これまでの在校生保護者の会であった「後援会」を「保護者の会」と改称することにいたしました。
    新組織設置により本校は、在校生とその「保護者の会」を中核に、本校卒業生の会「同窓会」、並びに卒業生の保護者の「等々力後援会」の三つの支援組織を持つことになります。これは、本校の今後の教育の諸活動が、さらに活動の場を広げその質を一段と高めてゆくうえで有意義であるだけでなく、本校に関係したすべての人々との「ご縁」を絶やさないという、私立学校の在り方の基本にかかわる、大変重要な意味を持った新規事業であると私は考えております。
    中高6年間、あるいは高校3年間の、本校で過ごされたご縁はどこまでも続いてゆき、在校生、卒業生はもちろん、保護者の皆さまにとっても本校が「母校」のように、さまざまな人間関係の出会いや経験の場となって愛着をもって感じられるようになった時、本校はより大きな発展を遂げることができるのでしょう。
    「等々力後援会」がそのような「母校」を愛する者の、楽しい語らいの場と成長していくことを、当会の設立を考えた者の一人として、また本校の校長として強く願うのであります。

2020年8月
東京都市大学等々力中学校・高等学校
校 長   原田 豊


東京都市大学等々力中学校・高等学校 等々力後援会活動TOPICTCU Todoroki KOUENKAI

発足のお知らせ

【会員の皆様へ】等々力後援会、発足!!

2020.04お知らせ
2020年4月 等々力後援会が発足しました。

更新情報・お知らせWhat's New

2020/10NEW
「等々力後援会」ホームページ開設
2020/04NEW
「等々力後援会」発足。
2020/03/17
2019年度 東京都市大学等々力高等学校 卒業式が開催されました。
なお卒業生の保護者の皆様は、本日より「等々力後援会」の会員となりましたことを、ご報告させていただきます。
2020/01/11
2017年度卒業生の「成人を祝う会」(ホームカミングデイ)がラウンジにて開催されました。詳しくはこちら» 

» 過去ログ


等々力後援会のご入会について

ご入会について

本校の教育充実をめざし皆様へ入会を呼びかけるとともに、会員相互の交流・共励と教養・芸術・文化活動の情報を分かち合うことを目的としております。
そのため、各種の懇親会、講演会等の開催、本校発展のための行事や事業への協賛、その他本校の興隆に関する必要な活動を行います。 また、ホームページを通じて情報の発信を行って参ります。
東京都市大学等々力中学校・高等学校の教育が更に充実し前進することを願う、等々力後援会設立の趣旨をご理解頂き、皆様方のご入会・ご賛助を賜りたくお力添えをくださいますようお願い申し上げます。

ご入会の流れについて

入会流れのフロー図

STEP01 : 本ホームページの上部にある「入会申込み」のボタンをクリックし、申込書フォームにご入力のうえ送信ください。

ご入会手続きの最終ステップで「送信する」というボタンをクリックすると、申込確認メールが送信されます。 このメールはお申込情報が本サーバーに到達した時点で送信者および事務局へ自動送信される仕組みとなっております。
※メールの受信設定をされているお客様は「@t-kouenkai.com」からのメールが着信できるように事前にご確認ください。

■申込確認メールが届いていない場合
本ホームページの上部にある「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

STEP02 : 等々力後援会より入会につきましての詳細をご連絡差し上げます。(入金方法など)

STEP03 : 指定の銀行口座へご入金をお願いします。

STEP04 : 入金が確認され次第、等々力後援会から入会完了のご連絡を差し上げます。